実 績

青森県青森市 ビジネスホテルの再生事例

施設老朽化が進んで業績が低迷していた89室のビジネスホテル(昭和53年築)の事業再生を行いました。2012年6月より代表の岡本がターンアラウンドマネージャー兼総支配人として赴任し、約半年の改善期間をかけて業績を回復の軌道に乗せました。

青森市のビジネスホテルの客室供給は約2,600室(当時)である中で、当該ホテルはバジェットホテル (価格の低い最下層のグループ)セグメントに属しています。この価格帯で競合するホテルを明確にし、他ホテルに対して優位に立てる施策をスタッフとともに考え実行に移しました。

また、施設の老朽化が進む一方で大規模投資の資金の確保が難しい状況にあったものの、レストラン 内装のペンキ塗りや家具の補修をスタッフが行うことで、社員の参加意識が高まるとともにチームワー クも良くなりました。

このホテルは、客室やバスルームが狭いという物理的に克服困難な「弱み」を抱えていましたが、弱み は弱みとして受け止め、それをカバーする「強み」を増やすことに集中しました。朝食やサービスといったソフト面で他社がやっていない施策を数々打ち出した結果、「部屋は狭いが朝食がおいしく、コストパフォーマンスに優れている」という評価を定着させることができました。

厳しいマーケット環境の中で客室単価が非常に低く、GOPの額が3,000万円と小ぶりの案件ですが、現在は、オペレーションの改善によって投資に対する十分なリターンを生み出しています。



兵庫県内 シティホテル運営改善の実績

地方都市にある100室以下のシティホテル。長期にわたり赤字が続いていたホテルの運営を2014年よりPUKANALAホテルマネージメントが受託して運営改善に着手しました。弊社の岡本が総支配人として陣頭指揮を執り、マネージャー数名を出向させて、組織体制の変更、販売料金の見直し、管理会計の見直し、フロントシステムの導入、マーケティング戦略、原価管理ツールの導入など、ホテル運営全般にかかる改善を進めました。この際、当初の設備投資費用は施設改装とシステム導入費を含め1,000万円に収めました。

集客においては、平日と週末でがらりと需要が変わる当該地域の特性を踏まえ、ビジネス・旅行客それぞれに訴求する施策を打ち出しました。平日はビジネス客がターゲットであるため寝具を変えるなど客室のクオリティを向上させ、競合していた全国チェーンの低価格ビジネスホテルとの差別化を図りました。また、旅行客向けには洋風レストランを和食仕様に変更し、1泊2食付きで訪れる観光客の取り込みを強化しました。

受託1年目で総売上を4,000万円改善し、当該会社の決算において過去10年間で最も少ない経常損失としました。また、運営受託2年目には着手前比で9,000万円高い売上まで伸ばし、当該会社の経常黒字を達成しました。




実績一覧


2018年~ 三重県 温泉付き旅館業務改善コンサルティング
2018年 三重県 中小企業庁の助成制度を活用した経営改善計画作成支援(温泉旅館)
2018年 三重県 中小企業庁の助成制度を活用した経営改善計画作成支援(温泉旅館)
2018年 福岡県 都市型シティホテル事業収益性評価報告書作成
2017年~ 青森県 温泉旅館のインターネット販売強化コンサルティング
2016年 三重県 温泉旅館の食材・飲料原価管理改善コンサルティング
2016年 三重県 温泉旅館の従業員マーケティング研修
2015年 三重県 温泉旅館の運営改善コンサルティング
2015年 兵庫県 総合リゾート施設の事業計画作成業務
2015年 兵庫県 シティホテル設備投資資金借り入れに伴う財務計画作成支援
2014年 兵庫県 シティホテルの運営受託による運営
2014年 兵庫県 中小企業庁の助成制度を活用した経営改善計画作成支援(温泉付きシティホテル)
2014年 滋賀県 シティホテル運営改善コンサルティング
2013年~ 青森県 アートホテルカラー青森 経営改善および賃貸借による運営